特集

躯体改修システム

コンクリート劣化と対策

キクスイの躯体改修のコンセプト

コンクリート構造物の延命のための材料・工法に20年以上の実績があります。

年月とともに劣化していくコンクリート建造物を、スクラップ&ビルドするのではなく、改修工事によりリノベーションすることで本質的に回復し、今後の劣化の進行を防ぐことをコンセプトとしています。さらに「下地から仕上げまで」をコンセプトとするキクスイならではの、仕上材の施工精度も重視しています。

イメージ画像
コンクリートの劣化の原因とは?

1.コンクリートの中性化

コンクリートは本来強いアルカリ性ですが、時間の経過とともに徐々にアルカリ性が失われていきます。そしてコンクリート内の鉄筋に錆が発生してきます。すると鉄筋コンクリートの耐久性を低下させるだけでなく、体積が膨張することで、コンクリートにクラックが発生します。一旦クラックが発生すると、クラックから水・空気・酸などが侵入して、鉄筋の腐食はますます進行し、ひいては構造物を破壊させます。

イメージ画像

2.コンクリートの塩害

コンクリート原料中に最初から塩分が入っている場合、また沿岸地域で海水や潮風にさらされる構造物に見られるケースです。塩分が鉄筋コンクリート内の鉄筋に錆を発生させ、その体積膨張により、コンクリートにひび割れを発生させ、漏水やコンクリートの剥落などを引き起こします。その結果、鉄筋コンクリート構造物の耐久性を低下させます。

イメージ画像

3.アルカリ骨材反応

コンクリート中の反応性骨材とセメント中のアルカリイオン(カリウム、ナトリウム)、水分で反応し、コンクリート内部で局部的な体積膨張が起こるケースです。コンクリートに亀甲状等のひび割れを発生させ、コンクリートの耐久性の低下をもたらし、極端な場合には、コンクリートを完全に破壊させるコンクリート劣化現象です。

イメージ画像

劣化状況を正しく見極め、理想的な維持保全を行うには調査診断が有効的です。

鉄筋腐食による劣化は、進行初期段階で一度補修することが理想的です。進行を放置すればするほど、補修にコストがかかるだけでなく、美観を維持することが困難になったり、建て替えの検討が必要になってきます。定期的に調査診断を行い、維持保全することで、鉄筋コンクリートの寿命を格段に延ばすことができ、それがトータル的にメンテナンスコストを下げることにも繋がります。

基本材料&ケース別の補修工法

キクスイBR工法 5つの基本材料+α

建物の躯体の改修を行うために、弊社がおすすめするはキクスイBR工法。 建物は、建っている環境や年月などにより、劣化状況も様々です。このキクスイBR工法は、5つの基本材料+αにより建物の様々な劣化状況に最適な改修方法をご提案することが可能です。

1塗布含浸型防錆材

亜硝酸塩系塗布型防錆材で、塩化物によって腐食された鉄筋の表面に不動態層を形成し、鉄筋を長期に亘って保護構造物の耐用年数を延長します。

  • BR-X 亜硝酸塩系防錆材・塩害抑制
  • BR-Z 亜硝酸リチウム系防錆材・アルカリ骨材反応抑制
2アルカリ付与材

優れた浸透力によりコンクリートの脆弱面を強化し、耐水性の向上と同時にアルカリ性を付与、脆弱層を含浸固結します。

  • BR-B 特殊アクリル系共重合樹脂・ケイ酸塩含有系アルカリ付与材
3塗布型鉄筋防腐材

亜硝酸塩を含むポリマーセメント系下地調整塗材で、鉄筋の防錆、コンクリートの中性化防止に優れた効果を発揮します。また、特殊ポリマーセメントにより優れた密着性と可とう性を有し、鉄筋コンクリートの耐久性を一段と向上させます。

  • BR-AD 亜硝酸塩含有ポリマーセメント系鉄筋防錆材
4断面修復材

コンクリート構造物の欠損部分の充填材料です。高い遮断機能により雨水・空気の侵入を防止します。さらに優れた密着性を有し、長期的な保護性能を約束します。

  • BR-CL ポリマーセメント系断面修復材・軽量・速硬型
  • BR-CLH ポリマーセメント系断面修復材・軽量
  • BR-CLX 1液型軽量速硬超低収縮高強度ポリマーセメント系断面修復材
  • BR-Cモルタル ポリマーセメント系断面修復材・軽量
  • BR-LS 1材型軽量ポリマーセメント系断面修復材
  • BR-エポ 水系エポキシポリマーセメント系断面修復材
  • BR-HS 1液型超高強度ポリマーセメント系断面修復材
  • BR- ボンド セメント混和用ポリマーディスパージョン
5表面被覆材

コンクリート中性化防止・塩化物浸透抑制に優れた効果を発揮する下地調整塗材です。優れた密着性と可とう性により、鉄筋コンクリートの耐久性を一段と向上させます。仕上材と併用することで、優れた中性化抑制効果を発揮します。

  • BR-AD 亜硝酸塩含有ポリマーセメント系吹付・はけ塗用
  • BR-Dコテ ポリマーセメント系こて塗用
プラスα剥落防止対策工法

キクスイBR工法と三軸ポリプロピレン繊維シートとの組み合わせによるコンクリート、モルタル剥落防止工法です。建物の安全性を向上させます。

  • 剥落ガードPC
  • KS-ネットP 三軸ポリプロピレン繊維シート
ケース別の補修工法

キクスイBR工法は恒久レベルに対し有効です。

建築改修工事管理指針(国土交通省大臣官房官庁営繕部監修)によると「鉄筋腐食の補修工法は、劣化度、劣化原因、劣化外力、劣化進行予測の結果等を考慮して部材あるいは構造物の性能及び機能が設定した回復目標レベルに達することができるような工法を選択すること」とあります。キクスイBR工法は恒久レベルの回復目標レベルを満たすことが出来る工法です。

1.中性化抑制工法

【キクスイ推奨補修工法】

【キクスイ推奨補修工法】

【国交省補修工法】

【国交省補修工法】
2.塩害抑制工法

【キクスイ推奨補修工法】

【キクスイ推奨補修工法】

【国交省補修工法】

【国交省補修工法】
3.アルカリ骨材反応抑制塩害抑制工法

【キクスイ推奨補修工法】

【キクスイ推奨補修工法】

【国交省補修工法】

【国交省補修工法】
4.鉄筋腐食部補修工法
鉄筋腐食部補修工法鉄筋腐食部補修工法
5.鼻先部補修工法
鼻先部補修工法
α.BR連続繊維シート剥落防止工法

三軸ポリプロピレン繊維シート「KSネットP」を使ったパラペット・笠木・軒裏等、コンクリート方剥落防止対策工法です。

【断面図】

【断面図】

製品名

種別

BR-X

鉄筋防錆材

BR-Z

亜硝酸塩含有塗布型防錆剤

BR-B

アルカリ付与材

BR-AD

ポリマーセメント系鉄筋防錆兼下地調整塗材

BR-D コテ

ポリマーセメント下地調整塗材

BRボンド

補修モルタル混和用ポリマーディスパージョン

BR-CL

欠損部補修・断面修復用軽量ポリマーセメントモルタル

BR-CLH

欠損部補修・断面修復用軽量ポリマーセメントモルタル

BR-CLX

超低収縮・1材速硬型断面修復材ポリマーセメントモルタル

BR-HS

高強度・補修修繕用ポリマーセメントモルタル

BR-LS

欠損部補修・断面修復用軽量プレミックスポリマーセメントモルタル

BR-エポ

欠損部補修・断面修復用水系エポキシポリマーセメントモルタル

BR-Cモルタル

セメント系下地調整塗材

  • よくある質問
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • ページトップ