打放しコンクリート保護クリヤー仕上げ

RCカラーレイヤーSi

  • 艶有/艶消し
    ※発注の際、艶を指定してください。

特長

  1. 低汚染性に優れています。コンクリート表面にクリヤー被膜を形成することにより、打放しコンクリートの保護と共に美観を長期にわたり維持します。
  2. 高耐候性に優れています。強靭な塗膜が建物を風雨や紫外線などから長期にわたり保護します。
  3. 防藻防カビ性に優れています。壁面に発生するカビ・藻による塗膜の劣化を防ぎます。
  4. 外部からの雨水の進入を防ぎ、打放しコンクリートの中性化による劣化を抑止します。
  5. 下塗り1回上塗り1回の2工程で、仕上がります。
    ※改修下地や吸い込み状況により異なります。

用途

  1. 一般建築物の仕上げ新築・改修 
    (コンクリート・モルタル・ブロック・押出成形セメント板)
    ※押出成形セメント板は、下地の吸い込み差や塗り重ねにより、色むらに見える場合があります。

基本情報

ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆
荷姿 下塗材 16㎏/缶 上塗材 15㎏/缶
光沢 艶有/艶消し
※発注の際、艶を指定してください。
対応色 弊社標準色10色
※カラークリヤーは、既存素地色や塗回数・塗布量により色調が異なります。施工前に必ず見本塗を行ってください。
所要量 下塗材 160~200㎡/16kg 0.08~0.10Kg/㎡ 上塗材 100~125㎡/15kg 0.12~0.15Kg/㎡
希釈液 下塗 無希釈 上塗 清水
施工器具 下塗材 刷毛・無泡ローラー
上塗材 無泡ローラー・エアレススプレー
設計価格材工共(円/㎡) 2,600
組成 下塗材 水性シラン系浸透性吸水防止剤 上塗材 水性アクリルシリコン樹脂塗料

注意事項:下地の状況により発色が変わったり、塗布量の違いにより濃さが変わります。以下に注意して施工管理を実施願います。
①施工前に、試験塗りをして、発色を確認してください。
②ローラー施工の場合塗り重ねに注意してください。
③ローラー施工の場合ネタ含みを均一にしてください。
④ダレの発生はそのまま発色に影響しますので注意してください。
⑤作業の中断は、出隅、入隅、目地、パネル間等で確保願います。
⑥色ムラ防止には、スプレー塗装を推奨します。
⑦標準仕様を上回る塗回数はコストと発色が異なりますので事前協議の上実施ください。
⑧改修下地の場合 下地処理については、最寄りの営業所までお問い合わせください。

ファイル名称 ファイル形式
パンフレット PDF PDFファイル ダウンロード

実績写真

  • よくある質問
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • ページトップ