1. 菊水化学工業サイトTOP
  2. 製品を探す
  3. 注目の製品特集
  4. キクスイの躯体改修
  • カテゴリで探す
  • 部位で探す
  • 50音順で探す

注目の製品特集 キクスイの躯体改修

BR工法 コンクリート構造物の長期延命のための改修 キクスイの躯体改修

技術資料(PDF)

  • コンクリート劣化と対策
  • 基本材料&ケース別の補修工法

キクスイの躯体改修のコンセプト

コンクリート構造物の延命のための材料・工法に約20年の実績があります。

「BR工法」とは、Building Refreshの略称。
年月とともに劣化していくコンクリート建造物を、スクラップ&ビルドするのではなく、改修工事によりリノベーションすることで本質的に回復し、今後の劣化の進行を防ぐことをコンセプトとしています。
さらに「下地から仕上げまで」をコンセプトとするキクスイならではの、仕上材の施工精度も重視しています。

このページの先頭へ

コンクリートの劣化の原因とは?

1 コンクリートの中性化

コンクリートは本来強いアルカリ性ですが、時間の経過とともに徐々にアルカリ性が失われていきます。
そしてコンクリート内の鉄筋に錆が発生してきます。すると鉄筋コンクリートの耐久性を低下させるだけでなく、体積が膨張することで、コンクリートにクラックが発生します。 一旦クラックが発生すると、クラックから水・空気・酸などが侵入して、鉄筋の腐食はますます進行し、ひいては構造物を破壊させます。

このケースの補修工法

2 コンクリートの塩害

コンクリート原料中に最初から塩分が入っている場合、また沿岸地域で海水や潮風にさらされる構造物に見られるケースです。
塩分が鉄筋コンクリート内の鉄筋に錆を発生させ、その体積膨張により、コンクリートにひび割れを発生させ、漏水やコンクリートの剥落などを引き起こします。その結果、鉄筋コンクリート構造物の耐久性を低下させます。

このケースの補修工法

3 アルカリ骨材反応

コンクリート中の反応性骨材とセメント中のアルカリイオン(カリウム、ナトリウム)、水分で反応し、コンクリート内部で局部的な体積膨張が起こるケースです。
コンクリートに亀甲状等のひび割れを発生させ、コンクリートの耐久性の低下をもたらし、極端な場合には、コンクリートを完全に破壊させるコンクリート劣化現象です。

このケースの補修工法

劣化状況を正しく見極め、理想的な維持保全を行うには調査診断が有効的です。

鉄筋腐食による劣化は、進行初期段階で一度補修することが理想的です。
進行を放置すればするほど、補修にコストがかかるだけでなく、美観を維持することが困難になったり、建て替えの検討が必要になってきます。
定期的に調査診断を行い、維持保全することで、鉄筋コンクリートの寿命を格段に延ばすことができ、それがトータル的にメンテナンスコストを下げることにも繋がります。

  • コンクリート劣化と対策
  • 基本材料&ケース別の補修工法

この製品をチェックする / 相談・問い合わせする

営業所一覧はこちら

  • このページを印刷する
  • カタログダウンロード(PDF)
  • 資料請求
  • ご相談・問い合わせ